ライトのあるサロンシリーズ(第1回)
髪切虫(東京都北区)(1/3)

 
 
Kamikirimushi Entrance
  北区を代表する景観10選にも選ばれている、旧古河家の邸宅を元にした旧古河庭園がある閑静な住宅地、東京都北区西ヶ原。駒込駅からその旧古河庭園に向かって進むと、昔そこに流れていた谷田川にかかっていた、木から石にかけ替えられたことで霜がつきやすくなったことで名付けられたという橋の名残の交差点「霜降橋」(TBS森田さんのお天気ですかァより)があり、その少し手前の路地を左に折れると、その名を残す地元に根付いた霜降銀座商店街が始まります。その商店街を先へ進み、染井銀座商店街から西ヶ原商店街と名を変えるとやがて右側にひときわ目立つハサミの目印が!そうです、ここが今回ご紹介させていただくライトヘアドライヤーのユーザ、髪切虫さんです。 こちらは、全国理容組合連合会のオフィシャルの講師資格を持っている加納耕助先生がマネジメントするサロン。2002年6月に改装されたのですが、お店自体は昭和27(1952)年創業の、長年地元の人々だけでなく、遠方からの加納先生ファンにも愛されているお店です。  

 

 
Kamikirimushi Plant
  そして今回の改装では、清潔さを前面に出した白をベースにした明るい店内に、アクセントカラーとして椅子やタオル、窓枠にいたるまで黄色・オレンジ系が統一して使用されており(左の写 真)、そのモチーフカラーに合わせドライヤーもライトドライユー1000のレモン(イエロー)を全面的にご採用いただきました(右の写真)。  
Kamikirimushi with Dryyou
 
   

 

to toppage